活動報告

新しいものから10件ずつ表示しています。
前へ  次へ

令和4年7月31日(日)家族交流会を開催しました

令和4年7月31日(日)に小規模対面+リモート ハイブリット式家族交流会を ハートフル古川 で開催しました。
 開始時Zoomでご参加の方々に音声が聞こえにくいハプニングもありましたが、無事開催できました。
 高山市出身シンガーソングライターの杉山修さんをお招きしたミニコンサート・『子どもの年代別:母たちの一日の時間の使い方』・『日常生活用具について』をテーマに情報交換をしました。全圏域が参加対象でしたので、市町村によってサービスにかなりの違いがあることを情報共有できました。
 やはり、『対面はすごい!』『リモートでは伝わらない』等、現地会場で参加された方々から久しぶりの対面交流会に喜びの声が上がっていました。
今後も、感染対策を実施した上でハイブリット形式の家族交流会を企画していこうと思いました。

令和4年5月29日(日) 第1回家族交流会を開催しました

 令和4年5月29日(日)に第1回家族交流会をリモートで開催しました。
みなさんZoomの操作にも手慣れた様子で、リアクションボタンを駆使しお話されていました。今回はサービスの使い方と題して、お子さまの成長に沿った医療や福祉サービスの情報を寄せ合いました。ご多用のところ、ご参加いただきありがとうございました。
 お知らせします。11月27日(日)に予定していた家族交流会は、11月20日(日)に変更になりました。
 

令和3年度小児在宅支援者研修会

令和4年2月27日(日)、令和3年度小児在宅支援者研修会を「障がいのある子どもと家族の世界を広げるために私たちができることⅣ」をキーワードとし、多職種を対象に開催しました。今年度、当初はハイブリッド方式での開催を予定していましたが、新型コロナウイルス感染症の拡大により、やむを得ずZoomのみでの研修となりました。受講された方の協力もあり、スムーズに研修会を実施することができ、公開講座には79名、事例検討には25名の参加がありました。
今回は、午前中前半に「医療的ケア児及び家族に対する支援に関する法律」における岐阜県としての動きと題して岐阜県から講義をいただき、後半は、シティータワー診療所院長の島﨑亮司先生に座長をお願いし、北九州市立総合療育センター西部分所所長の奈須康子先生に意思決定を支えるためチームアプローチを主に講演をいただきました。事例をとおしての先生の語らいは毎年感動させられ、私たちは子どもや家族から大きな力をもらい、学ばせていただいていることを痛感しました。午後からは、5~6人の多職種でグループに分かれ、実際の事例を用いて「価値観コミュニケーション」「チームづくりの体験」というテーマで検討しました。どのグループも熱のこもった話し合いがされて、小児在宅に携わる仲間たちの思いに今年も感動しました。とても良い研修会となりました。参加いただいた皆様に感謝いたします。




令和3年10月31日(日) 家族交流会を開催しました

10月31日、家族交流会を開催しました。新型コロナウイルス感染症対策により、初めてリモートでの開催となりました。うまくいくか心配をしていましたが、皆さんのご協力により無事に終えることができました。ご多用の中、参加してくださった皆さん、ありがとうございました。新型コロナウイルスの感染状況をみながら、リモート開催を継続しつつ、対面での交流会を実施していきたいと思います。

  

令和2年度小児在宅支援研修

 令和2年度小児在宅支援研修会を令和3年3月7日(日)に開催しました。今回はコロナウイルス感染症の影響もあり、ZOOMでの研修会になりました。ちょっとしたトラブルもありましたが、受講された方の協力もありスムーズに研修会を実施することができました。今回は「障がいのあるこどもと家族世界を広げるために私達ができることⅢ」と称して、主に在宅における意思決定支援をキーワードに研修を実施しました。公開講座には87名、午後の事例検討には32名の方の参加がありました。午前中はシティタワー診療所 院長の島﨑亮司先生に座長をお願いし、北九州市立総合療育センター 西部分所長の奈須康子先生に意思決定を考えることを主に講演をいただきました。事例の話も多くあり、感動の涙いっぱいの講演で私たちは子どもたちから力をもらい、学ばせてもらっていることを改めて感じました。午後は5~6人の多職種の合同のグループに分かれ、実際の事例を用いて検討をしました。どのグループも熱のこもった話し合いがされて、岐阜県の小児在宅支援に携わる仲間たちの思いに感動しました。とてもよい研修会となりました。参加いただいた皆様に感謝いたします。

 

リモート相談を始めます

リモート相談はZOOMを使用します。こちらを参考にしてください。
皆様からのご連絡お待ちしております
Zoom参加方法.docx

令和2年10月25日(日) 岐阜県家族交流会

10月25日家族交流会を開催しました。今回の家族会はコロナ感染症対策により、新しい生活様式をとりいれたため、県内5圏域の代表者2~3名限定としました。フリートーク中心の交流会は話が尽きませんでした。今後少しづつ交流会を広げ、各地で開催できるようにしていきたいと思っています。コロナ禍の中、心配もあったと思いますが参加していただいたご家族には感謝いたします。ありがとうございました。

令和元年10月20日(日) 東濃地区家族交流会

 多治見市役所駅北庁舎にて東濃地区家族交流会を開催しました。参加家族は25家族、関係者含め93名の参加となりました。午前は自己紹介から始まり、昼食をとりながらの交流。午後は音楽療法で、音楽に合わせて楽器を鳴らしたり、大きな布での遊びを取り入れ、本人、家族、皆が笑顔になりました。
 又、講演は障がいをお持ちのご本人とお母様にお願いし、苦労や喜びを交えた経験談や、「夢」についてお話して頂きました。実体験に基づいたとても感動的な講演でした。
 さらに、家族・関係者ともにグループに分かれ座談会をし、情報交換の時を過ごしました。
 今回はNHK山形の取材もありとても盛り上がった会となりました。
 最後にご本人・ご家族・関係者の皆様、御参加・御協力ありがとうございました。

令和元年7月28日(日) 岐阜地区家族交流会

 岐阜県県民ふれあい会館で岐阜地区家族交流会を開催しました。参加家族は23家族、関係者含め89名の参加となりました。
 午前中は自己紹介をし、午後からは昼食をとりながら交流しました。その後、廣瀬さんに「アンガーマネジメント」について講義を受け、怒りの感情と上手く付き合うための方法を学びました。
 トークタイムでは、がちゃがちゃで出た質問に答えてもらいました。「最近、感動したこと」「感謝を伝えて」「おすすめのおでかけスポット」「特別支援学校での様子」などの話を聞き、笑顔たくさんの会場となりました。
 ご家族、関係者の方々、ご参加・ご協力いただきありがとうございました。会場が狭く、また、暑かったことでご迷惑をおかけしました事、お詫び申し上げます。
 

平成31年4月26日(金) 重症心身障がい在宅支援センターみらい 東濃サテライト開所式

みらい東濃サテライト開所しました。
東濃サテライト
場所:多治見市役所駅北庁舎2階 多治見市音羽町1丁目233番地
開所日:火・木曜日
時間:9:00~16:00
電話:080-8979-7064
よろしくお願いいたします。

新しいものから10件ずつ表示しています。
前へ  次へ

医療的ケア児支援センター・重症心身障がい在宅支援センター みらい
〒500-8384
岐阜県岐阜市薮田南5-14-53
岐阜県県民ふれあい会館
         1棟5階
TEL 058-275-3234
(窓口時間 9:00~17:00)